BBQをはじめよう!

初心者のためのバーベキュー情報サイト

バーベキューの火おこしは経験者と一緒に行う

バーベキューの火おこしは経験者と一緒に行う バーベキューでいただくお肉やシーフードは絶品です。
炭で焼くために食材が一層美味しくなりますし、外で親しい友人や家族と食べるので、ワイワイと楽しくいただけます。
しかし、初めてバーベキューを行う場合コツがなかなかつかめずに火をおこすのに時間がかかってしまいます。
なかには、準備してから食べ始めるまで1時間以上もかかってしまう場合があります。
そうなるとすっかり日が暮れてしまい真っ暗の中でバーベキューをしなければいけません。
それで、初めてバーベキューを行う場合には、初心だけで行うのではなく、バーベキューの火おこしをしたことがある経験者と一緒に行いましょう。
もし、一緒に行う経験者がいないのであれば、着火剤や新聞紙を活用すると便利ですし乾燥した枯葉も役立ちます。
そして、炭は湿っているではなくしっかりと乾燥しているかどうかを確認してから使用しましょう。
使用に関してはインターネットなどで調べることができますので見てから行うこともできます。
また、あまり強い炎で焼くとせっかくのおいしいお肉やシーフードなど食材が焦げてしまい美味しくなくなってしまいますので、炎はやや弱めにじくりと焼くようにすると良いでしょう。

旨味を引き出すバーベキュー用の炭は複数の用意を

旨味を引き出すバーベキュー用の炭は複数の用意を 行楽シーズンともなれば各地でバーベキューが盛んに行われます。
ほとんどは炭に火を付けて約ことになりますが、これは何も見た目の良さだけで選ばれているわけではありません。
鉄板などと違い遠赤外線効果でしっかり焼き上がりつつ食材の旨味も引き出すことができます。
電気を使わずに済むという点も大きなメリットでしょう。
ただバーベキュー初心者ほど、中々火がつかないという事態に陥りがちです。
長持ちする炭ほど着火が悪いため直接ライターを当てても使える状態になるまで時間がかかります。
そこで着火剤と出番となるわけですが、他にも意外な方法で発火を促すことができます。
それはバーベキュー用に使う炭を複数の銘柄持ち込むことです。
同じような見た目であっても使用時間や発火しやすさに違いがあります。
まずは長持ちするものを編みの下に並べて、その周囲に火がつきやすいものを敷き詰めていきましょう。
こうすれば簡単に発火しますし長い時間熱を保つことができます。
バーベキューの締めに入ろうとする時に火が消えていることほど悲しいことはありません。
最後までしっかり持つように配慮を重ねることが大切です。
不安であればレンタルサービスを利用するなどして、失敗しない計画を立てていきましょう。

バーベキューに関するお役立ちリンク

バーベキューはグリーンパーク

Copyright © 2018 BBQをはじめよう! all rights reserved.